Consulting Portfolio

スポーツ関連企業のPR・マーケティングサポート業務

大学発ベンチャー企業(東京)(2018年12月)

「スポーツ環境デザイン」という考え方と手法を用い、それに紐づくネットワークや専門性を活用した事業開発支援を推進している大学発ベンチャー企業のプロモーションおよびマーケティング等のサポート業務。

企業講演

損害保険(東京)(2018年9月)

大手損害保険企業様の商品企画などを担当する部署にて「プロモーションやアイデアから企画・実行へ」をテーマに講演をさせていただきました。

教育委員会のサポート業務

教育委員会(栃木)(2018年6月)

栃木県内の教育委員会が実施するスポーツ教育(オリンピック・パラリンピック関連)において、選手と教育員会をつなぐ包括的なサポート業務。

サッカー協会とのアドバイザリー契約

サッカー協会(栃木)(2018年4月)

サッカー協会の組織化、法人化に向けた戦略および財務基盤の健全化と収支改善のためのアドバイザリー契約。

フットサルクラブおよび施設の変革・強化の取り組み

フットサルクラブ(栃木)(2018年1月)

非常に優秀なコーチが在籍しているが、指導以外の魅力も周囲にPRしていくことで、クラブのさらなる発展と会員数の安定化を高めていく。
また、フットサルコートを有する充実した施設を保有しているが、平日の日中の稼働率が低い。
フットサルだけではなく、地域に根ざしたクラブとして様々な人が集まる「場」としての活用推進をサポートしています。

スポンサー獲得サポート

スポーツ協会(栃木)(2017年12月)

日本においてはまだマイナースポーツであるが、世界的にはトップクラスの競技人口。
協会の活動をさらに推進していくための、スポンサー獲得を中心にお手伝いしています。

部の伝統と想いの継承プロジェクト

公立高校野球部(埼玉)(2017年7月)

学校への改変に伴い、新校へと変わり、現存の野球部は校名変更と一時的な休部状態になってしまう。
連綿と受け継がれてきた魂を守りたい。OB・OG、応援していただける一般の皆様と共にその魂を新校へと受け継ぐ取り組み。

スポーツ選手のプロモーション

ビーチテニス(女子)(2017年5月)

日本ランキング1位と日本代表定着、そしてビーチテニスの普及に全力を注ぐ選手の「スポンサー獲得やクラウドファンディングによる活動費の支援獲得、また講演活動など多岐にわたりサポート」するプロジェクト。
今後の活躍と目標達成のために必要な協力を拡充させていく活動をスタートさせていただきます。
現状では練習及び海外を含む遠征など全てを自費で行なっています。スポンサー協力を得られておらず、アルバイトなどをしながら競技を続けている状況です。
今後、弊社として全力で彼女のバックアップをさせていただきます。

広告募集のお手伝い

スポーツ連盟(東京)(2017年3月)

スポーツ連盟の収入減少に伴い、今まで積極的に取り組んでいなかった企業協賛や広告協賛獲得のための活動を拡充。
将来的な収入基盤の確保を目指し、新たな対象(関係を築けていなかった企業やスポーツショップ等)への営業活動のサポートさせていただいております。
少しずつではありますが、協賛をいただけ始めています。営業活動のサポート継続中です。

野球教室

少年野球チーム(浦安市)(2016年2月)

高学年と低学年に分け、さらに個別指導も交えながら、その時期その時期に応じた下半身の使い方及びそのトレーニング方法などを楽しみながら体験してもらいました。
コーチ陣の皆様にも、その趣旨と内容をしっかりとご理解いただきながら進めていきました。
野球教室終了後は、父母の皆様に食事と栄養についての根本的な考え方の講義を質疑応答形式で行いました。
食事を用意する場合、父母の皆様はどうしても栄養バランスなどの知識面に考えや意識が偏りがちになってしまいますが、多くの方が見過ごしてしまっているアスリートの食事における重要な根本部分を対話を通じながらご理解いただきました。

リクルーティング強化への取り組み

私立大学ラクロス部(東京)(2015年11月)

安定的な部員数の確保に向け、より魅力的なチームを目指して、イヤーブックの刷新を始め、プロモーションムービーの制作などの取り組みを検討中。
現在も様々な取り組みを実施しつつ、魅力的なチームへのプロジェクトが進行中です。

野球選手からゴルファー転向への取り組み

私立大学野球部(東京)(2015年10月)

大柄な体格と投手経験に可能性を見出され、大学野球引退後にゴルフに転向を決意。
現在は、プロの指導を受けながら、プロゴルファーの道へ挑戦中。海外ゴルフ留学も視野に入れ、ゴルファーマネジメント会社がサポートを継続中です。

選手のサポート強化のための勉強会

県立高校野球部父母会(埼玉)(2015年9月)

現場でのトレーニング任せでなく、食事や日常生活における父母側の意識や考え方など、家庭でできる選手サポートの重要性を父母の皆様にも具体的にご理解いただきました。エクササイズを通じ、父母の皆様にも実際に体験していただくことで、フィジカルとメンタルの両面の重要性に気づきを得ていただきました。

「即効性や流行に目が行き、すぐに結果を求めがちでしたが、アスリートに重要な根本の部分を理解できました。改めて、家庭でのサポートの重要性に気づいたので、早速活かしていきたいと思います」(参加者コメント)

ファン拡大とリーグ革新に向けた取り組み

野球連盟(東京)(2015年8月)

各大学の所属選手は有望かつ優秀であるが、リーグ戦の盛り上がりやファン拡大に結びついていないため、パンフレットの刷新など徐々に取り組みを開始。
現在もさらなる革新に向け、プロジェクトが進行中です。